コンテンツへスキップ

組織構成と活動状況


半導体信頼性技術委員会は、下記の組織体制、内容で活動しています。

【半導体信頼性技術委員会 2020年度組織体制】

【各SC,PG,WG,TFの活動内容】

組織名 活動概要
半導体信頼性SC/認定WG ★「EDR-4708C(信頼性ガイドライン第4版)【IEC60749-43改訂版】の国際標準化と普及促進活動(セミナーなど)
★JEITA規格の策定、改正(EDR-4704B,ED-4701/302など)
半導体信頼性用語集策定TF ★半導体信頼性分野における用語の統一化
個別半導体(パワー系)信頼性試験規格PG ★パワーモジュール信頼性試験規格IEC規格化
★JEITA規格の策定、改正(EDR-4711Aなど)
★パワー系信頼性セミナーの開催による普及活動
化合物パワー半導体信頼性技術WG ★化合物パワー半導体の信頼性試験方法のIEC国際標準規格化推進
★新規テーマのJEITA規格開発(中性子ガイドラインなど)
★パワー系信頼性セミナーの開催による普及活動
WLR/SER PG ★BTI 基準、Foundry基準のIEC規格化
★ソフトエラー試験法のJEDECとの連携
★故障メカニズム/ソフトエラー 信頼性セミナーの開催
半導体取扱いESD耐量適正化討PG/ESD管理規格WG ★国際標準化開発(低CDM耐量品管理規定など)
★国際連携(台湾・中国、JEDEC,ESD-Councilとの連携)
★ESDセミナー開催(中国)
システムレベルESD解析WG ★JEITA規格「EDR-4709A」の内容拡充
★新規ESD耐量(Internal/External)の検討
★半導体EMC関連活動との連携
故障解析技術WG ★半導体の故障解析用語の統一と解析手順のガイドライン発行
★故障解析技術の最新TOPICS調査